クレジットカードの申し込み方法の流れ

消費者の信用に基づいて発行されるカードのことを、クレジットカードといいますが、商品を購入してから後払いができたり、サービスの提供を受けられます。

クレジットカードの入会申込書は、銀行や販売店でも置かれていますし、信販会社から直接取り寄せることもできます。
入会申込書に、住所や氏名、職業などの必要事項を記載して、銀行や販売店を通したり、郵送をすることで審査が受けられます。

職業や勤続年数などは、正直に記載をすることが大切です。

安定した収入があり、複数の貸し金業者に債務がない場合は、ほとんどの人が利用できます。審査に受かると簡易書留でカードが送られてくるので、きちんと確認をしておくようにして、カードの裏面の署名欄に名前を記載しておくようにして下さい。

署名欄に名前が記載されていないと、カードは使用できないので注意しましょう。

スーパーマーケットやデパートなどでのショッピングの時にカードを使用すると、パソコンやタブレット、スマートフォンから利用明細が確認できます。

利用明細を必ず確認するようにして、利用限度枠の範囲内で計画的にカードを利用することが大切です。

支払い方法は、一括払い、分割払い、リボ払いが利用できるので、収入に応じた支払い方法を選ぶようにして下さい。
クレジットカードは、家賃や水道代、電気代、携帯電話料金などの支払いにも利用できます。

カードを使って支払いをするとポイントが貯まるので、商品や現金と交換できるのが魅力です。